企業情報

ご挨拶

豊福設計株式会社は、昭和46年の創業以来『総合建設コンサルタント』として社会資本の整備に関する調査、計画、設計、解析等へ取り組んでまいりました。これまで関係者の皆さまからのご支援、ご鞭撻を賜りましたことを心より感謝いたします。

創業当時の日本は高度成長期で、道路・橋梁・鉄道・河川・港湾・漁港・海岸等の社会資本の整備が急がれ、効率化を優先する時代でした。しかし、現在の社会資本整備はグローバル化、少子高齢化、高度情報化、環境問題、災害、既存施設の老朽化に対するソフト・ハード対策へとシフトしています。

当社はこのような時代の変化に柔軟に対応すべく、構想力や創造性を持った技術集団として成長する企業を目指しています。また、国民の皆さまが安心して暮らせるまちづくりに向け、防災、自然環境保全、既存ストックの長寿命化、有効活用など、持続する社会資本整備に応えていくことが「お客様への最良のサービス」であると考えています。

土木は経験工学といわれます。私たちは先人たちが築き上げていた技術を学び、時代の変化にあわせて技術を活用できる知恵を身につける中で、風を読み、水を聴く力を培い、豊かな未来へとバトンをつなげるよう日々研鑽し、地域づくりに貢献してまいります。

代表取締役社長 鳴海 日出人